So-net無料ブログ作成
検索選択

日々思う…… [にゃん]




    IMG_2789.jpg


     こんなふうに心地よく眠れるハウスでしたが

    がたいのいい新参者のノラさんの連夜の押し込みに

    またもや、ご飯以外は帰ってこなくなりました。


    入念なお掃除をして臭いを飛ばして

    帰りを待ってました。

    数日後、眠くて目をしばしばさせながらやっと帰って来ましたが

    _U6Z0522.jpg


     夜は押し込みを警戒して明るい昼間にお昼寝をしています。

    IMG_2819.jpg


     一段高くした寝床は、居間から見えるので

    時々目が合います。

    _U6Z0524.jpg


     _U6Z0525.jpg


     そして、お腹が空いてるときには降りてきてご飯をねだります。

    IMG_2813.jpg


     こんな手を見ていると触りたい衝動に駆られますが

    ガラス越しですから叶うはずも無く、触られでもしたら飛び上がって

    逃げて行くことでしょう。




    グレコですが、心配していましたがやっと1週間経って

    ご飯を食べにやって来ました。

    少し細くなったようで、ご飯をもらえているのか心配です。

    IMG_2788.jpg

     辺りを警戒してビクビクして、落ち着き無くご飯を食べていました。

    次の日もやって来ましたが、新参者のノラさんに追いかけられて

    それからは来なくなりました。

    どうしているのかと気がかりですが、先住のちいさいちゃんにさえ

    ケンカをふっかけて来るのですから、グレコにとってはきっと恐ろしい

    存在なのではないかと心配しています。


    おおきいちゃんも最近は何故かオドオドとして、こちらの動きに警戒も

    甚だしくご飯の途中で飛んで帰ってしまうようになりました。

    おおきいちゃんの身にも何かが起こっているようです。

    ノラさんの世界は過酷ですね。心の安まる時がないようです。

    我が家のハウスで余生を送って欲しいと願っていますが

    入れ替わり立ち替わり、やって来る新参者かき回されて

    安住の地にはなってあげられず気の毒で仕方ありません。

    為す術も無く、ただ見守るだけの日々は辛く切なく

    心に溜まって行きます。
 
    

    

    

やっと帰って来ました。 [にゃん]




   
    IMG_2778.jpg


     にゃんハウスの臭い消し大掃除をしました。

    にゃんこ用の洗剤を使いましたが、板壁がかえって嫌な臭いが増すばかりで

    住居用洗剤のL.O.Cで3倍の薄め液を作り全体にスプレーして

    その後ホースで泡が消えるまで水を充分に掛け流して乾かし

    夕方には中段を拵えあり板で補強をして

    中のベンチを引き出し登りやすくしました。


    IMG_2771.jpg


     思いつくと直ぐにやらなければ気が済まないと申しますか

    ちいさいちゃんが不憫でおっとっとの帰りを待ってはいられず

    ノコギリを手に頑張ってみました。

    
    IMG_2773.jpg


    おおきいちゃんの待ち場所も同じようにお掃除をして

    使わない段ボールハウスを撤去しました。

    これは新顔のらさんにマーキングをされないための策です。

    
    デッキと、ハウスは私の鼻で感じる臭いはなくなりました。

    ちいさいちゃんの信頼を取り戻すには何をすべきかと考えて

    デッキに面した居間のカーテンも総て洗濯をして

    ホットカーペットカバーも替え、入り口のマットも替えました。

    家の中で時折鼻をかすめるグレコの臭いを消すために

    間仕切りのロールカーテン、仕事部屋のタイルマットも

    新しい物が届くのを待っているところです。

    まぁ、したかった大掃除をしているようなものです。



    そして昨日の夕方、ちいさいちゃんがご飯を食べた後ろ姿を

    呼び止めて、5分くらい帰って来て欲しいと囁き続けました。
  
    小さな鳴き声で何度も返事をしてくれていましたが

    夜になってやっとハウスへ戻って来てくれました。

    12時までの数時間をぐっすり眠っていました。


    夕方まで姿を見せなくなっていたちいさいちゃんは

    今朝早くからご飯の他にも顔を見せに来てくれました。

    これは、他のにゃんのマーキングの後が消えたことと

    グレコが近くに居なくなった事を承知しての事ではと

    思えて嬉しくもあり、グレコに対しての可哀想な思いが

    入り混じってとても複雑な気分です。


    外猫さん総てが一日も早く幸せに暮らせる日を願うばかりです。

    

    



ご報告 [にゃん]





    IMG_2766.jpg



     練馬地方、本日気温17度のもようです。

    悩みに悩んだ挙げ句、暖かい今日を選び、先ほどグレコ君解き放ちました。

    
    左の首は、広く毛を刈られ茶色い消毒薬が白い毛を染めていますが

    体力を温存するかのようにじっと眠っていましたので

    閉じ込められた精神的負担を取り除くためにも、こちら側の思いは吹っ切って

    決断しました。


    処置として、抗生剤もノミの駆除もワクチンもして頂きましたし

    首を掻いて皮膚を傷つけないように左の爪も切って下さいました。

    後は本人の治癒能力を信じて頑張って貰いたいと思います。

    そして、ご飯を食べに来てくれることを願っています。


    手術をしたことで、少しでも気持ちが穏やかになってくれると

    ちいさいちゃんと、おおきいちゃんとの関係も良くなるのではと

    ささやかな期待をしています。

    グレコ君には、三番手であるとの自覚を持って頂きたいものです。

    

    

    
    

グレコ [にゃん]




    以前にもご紹介したことのあるグレコです。

    IMG_0046-1.jpg

    
    小さくてやせっぽちで、みすぼらしい毛並みの子が

    我が家のデッキに現れたのは2年くらい前だったでしょうか

    あまりの状況で、父さんは思わずご飯をあげてしまったのです。
    
    数ヶ月に1度、3〜4日ほどご飯を食べてはまた居なくなるという

    不思議な行動パターンで通って来ていました。

    
    今回も、ガツガツとむしゃぶりつくような食べっぷりです。

    しかも珍しく1週間も通いづめなのです。

    そして、あろう事か寝ているちっちゃいちゃんの傍をウロウロして

    ハウスのあるベンチの上で居座ったり、ひどいマーキングをしています。

    そんな事をされたちっちゃいちゃんは、とうとうハウスを出て行って

    しまいました。


    IMG_2762.jpg

    
    もう二度と、のらさんを捕獲するという辛い思いはしたくないと

    言っていたにもかかわらず、餌をあげてしまったビビリの父さんを

    叱咤しながら、これが最後の子と決めてケージで捕獲をしました。

    人に触られることには怖がる様子も無く、ご飯につられてケージの奥まで

    食べに入るので、手荒なまねをせずに何とか捕まって頂きました。


    手術をすることは勿論ですが、いつもあらぬ方を見ている目は悪いのではと

    心配になったことと、今回も新たに首の横に怪我をしていたこともあり

    充分に診察をして頂きたいとお願いをしました。

    日曜、祭日も診療をしている動物病院で、のら猫さんにはボランティアで

    低料金の診療をしてくださるのでとても助かりました。

    
    お陰様で今朝保護をして、午後には手術を受けられました。

    目は問題ないとのことでしたが、首の怪我はひどい状態で

    治療を施すと皮膚が10円玉位の穴が空いた状況になり

    その後の感染を考えて、数針縫う処置になりました。

    先程まで暴れていました。まだ麻酔は残っているようですが

    やっと靜になりました。


    麻酔が覚めれば放しても良いとは言われましたが、傷口の様子に何かあれば

    直ぐに連れてきて下さいとも言われたので、首の傷口も出血も心配なので

    数日は様子を見ることにしようと決めました。

    長居をしてハウスに居たいような素振りは首の傷のせいだったのではと

    手術の決断をして本当に良かったと思います。


    今回は大きくなってふっくらしていて、おおきいちゃんの時のように

    もしや妊娠しているのではと不安にもなりました。

    でも、見るなり先生に男の子ですねと言われてホッとしました。

    最近は見知らぬのらさんが増えて、おおきいちゃんも、ちいさいちゃんも

    戦々恐々としています。

    どうしてあげることも出来ずに、ただハラハラするばかりです。

    
    この先、グレコを交えて共存していくのか、グレコはまた何処かへ

    居場所を探しに出て行くのかは分かりませんが、一日も早く元の二人の

    落ち着いた生活に戻してあげたいと祈るばかりです。

    ご飯を食べに来た時のちいさいちゃんの鳴き声が切なく聞こえます。

    ハウスやデッキの臭い消しに躍起になってお掃除をしていても

    消してはまた掛けられての繰り返しです。


    今夜から暫くは仕事部屋の机の下がグレコの居場所です。

    おおきいちゃんとちいさいちゃんの目に触れないようにと選びました。

    暖かくて靜に傷を癒して少しでも早く元気になれるには

    一番良い場所ではないかと思います。

    保護してからはシャー!シャー!と怒っています。

    引っかかれないように気を付けながらお付き合いをしたいと思います。

    

    

    

        

お願いです! [にゃん]



    にゃんの気持ちがくみ取れずに悩んでいます。


    おおきいちゃんの気持ちをつかめない日々を重ねています。

    IMG_2489.jpg


     一見、無表情に見えて訴えていることが伝わってきます。

   
    IMG_2494.jpg

 
     後ろ姿に声を掛けてもかえって逃げ出すように

    足早に立ち去ります。


    日に3〜4回はやって来ます。

    そして……

    IMG_2500.jpg


     ただ、じっと座っていることがあります。

    それは夜になって空気が冷えてきた頃です。

    ご飯を用意しても見向きもせずに15〜20分は時折目をつぶって

    温かな部屋の空気を味わっているようなそんな状態です。


    頻繁に起きるこの様な状況を何とか分かってあげたいのです。

    ベッドは全部で4箇所作っています。

    その内、1ッ箇所はちいさいちゃんが寝ていますが残りの3箇所は

    何処でもおおきいちゃんを受け入れできる状態です。

    何がいけないのか皆目見当が付きません。

    多分、人工的にやり過ぎなのだろうとは思いつくのですが

    どうしたらおおきいちゃんの心を掴むことが出来るのか

    良い案が見つかりません。


    何代にも渡ってノラちゃんの血筋であるならば難しいのでしょうが

    冷え込んでいるこの頃の深夜には、心配で眠れません。

    何か良い案はありませんでしょうか。

    ねこちゃんに詳しくない我が家の家族が考えてもどうすることも

    出来ません。

    ご近所のにゃんちゃんも徘徊していますのでその子達を呼び寄せても

    いけないとは思いますが、ねこちゃんに詳しい方々のご意見を

    お聞かせ頂きたくお願いでございます。

    多くのお声を参考にさせて頂きたいと思います。

    何卒、よろしくお願い申し上げます。

    

    

    

    

鳴き声が…… [にゃん]




    ここ数日、夜な夜なにゃんの声がして思わず飛び出し探し回る

    懐中電灯片手のぼっこです。

    でっかいちゃん、通称デカちんの声にそっくりなのです。

    ひなたぼっこの「ひとり言」でも書きましたが

    暑くなり始めの頃から姿を現さなくなりました。


    ご近所さんや息子の話によると、小さいわんちゃんのお散歩を

    後ろから着いて歩いているそうです。

    そして、飼い主さんに名前を呼ばれていたとのことです。

    飼われているのでしょうか定かではありませんが

    初めて我が家を訪れた頃は、毛並みも汚れてのらさんその者でした。

    あるときから、素人とわかるハサミさばきでしたが

    汚れた毛をカットされて、シャンプーもしてもらったようで

    綺麗な毛並みで現れるようになりました。


    IMG_0842.jpg



     ちいさいちゃんは寝ているようですが暗に帰れと嫌がらせをしている所です。

    
    デカちんの鳴き声は独特で、来たことを知らせてくれているようでした。

    その同じ独特な大きな鳴き声が我が家の裏や庭先に聞こえるのです。

    2回は、小さいちゃんが寝ているときでしたので

    寝床から起き上がって、暫くはゆだんなく庭先を睨んでいました。

    デカちんならば堂々とデッキに上がってガラス戸にシルエットを現すのですが

    それをしないという事は、誰なのか?

    気に掛かって仕方ありません。


    一度だけチラッと見たのですが、おおきいちゃんに似ていたような……

    でも、おおきいちゃんは子猫を保護したときに数日だけ

    鳴き声で子猫に語りかけていましたが、それ以外は一度も声を発したことが

    ありません。

    どちらにしても次の機会に必ずや姿を確かめたいと思っています。


    それにしてもデカちんのお家が分からない以上、安否の確認が出来ません。

    思いだしては「元気かなぁ〜」「どうしているのかなぁ〜」と

    家族の会話にのぼります。

    命には寿命があります。人よりも短いのですから

    我が家のおふたりさんは、最後まで我が家へ通って欲しいです。

    寝付くのならば我が家で寝付いて欲しいのです。

    しっかり看病をして、幸せだったと思って旅立って欲しいと

    願っています。

    

    



     

にゃんこハウスは稼働中! [にゃん]




     にゃんの動向を書くと

     パターン化され始めた毎日が変わってしまうのですが……


     IMG_2392.jpg


      最近では黄昏時になるとソワソワとお休みの準備を始めます。

     定位置のベッドに入ってそのままず〜と夜中まで眠るときもありますが

     一度起きてドライを食べて、トイレタイムでしょうか少々出かけて

     戻ってはまたお休みになります。

     3日に1度は朝起きて覗くとまだ眠っていることも。



     毎日の家事の中に、にゃんハウスのベッドメイキングがあります。

     今夜の気温をチェックして

     IMG_2399.jpg

 
      気温の低い夜のために"ふわもこ"の大輔の毛布に取り替えたり

     その他3箇所のベッドも風を通してフリースを取り替えて

     ふわっとメイキングして、時には臭いも消して

     真っさらにします。


     にゃんこ母屋のベンチの下

     IMG_2402.jpg


      突き当たりの別宅も

     IMG_2407.jpg



      そして、にゃんこ母屋のお向かいの古いベンチの上にも

     新たなハウスを作っています。


     IMG_2404.jpg


      天井と風よけ程度のあまり囲わない、ちょっとだけの休憩所の風情に

     作ってみました。

     4箇所総てをちいさいちゃんは使いまわしていますが

     夜遅くにご飯が欲しいわけでも無いのにやって来て

     じっと家の中を覗いて時を過ごすおおきいちゃんを

     どこかにお誘いしたくて未だ試行錯誤しながら

     その日が来るのを楽しみに頑張っています。

     
     マタタビの染みこんだ玩具を置いてみたところ

     ふたりとも反応を示してくれたのですが

     ご近所の飼い猫さんの黒ちゃんが気に入ってしまって

     帰らなくなってしまったので、段ボールハウスごと撤去しました。

     課題が多くなかなかほっとは出来ません。

     

     
     

その後のにゃんこハウス [にゃん]




     おはよぉ〜!

     IMG_0871_2.jpg
 
      離れでお休みのちいさいちゃん、今朝も7時15分頃にお目覚めです。

     
     1週間近くなるでしょうか、母屋を離れて離れでお休みです。

     何故に母屋を出たのかと、日々考えておりますが今の所見当がつきません。

     
     IMG_0873_2.jpg

      おおきいちゃんの為の離れでしたから……

     何とも困ったことになっております。

     
     ちいちゃん、母屋へ帰っておいで〜!

     と、説得しても効果は無さそうです。

     何がいけないの! 

     改善はいくらでもしますから、ご意見をお聞かせ下さいませ!


     
     ちいさいちゃんが、ほぼ毎日にゃんこハウスでお休みの訳は

     ご近所の三毛ちゃんと再三にわたり揉めては我が家を

     テリトリーを守ろうとしているからのように見受けられます。

     ちいさいちゃんが我が家へ来た小さな頃から追いかけられていましたから

     仲は最悪なのです。

     自分の家を渡すまじと頑張って、意思表示をしているかのようです。

     
     こんな様子ではとっても恐がりさんのおおきいちゃんは

     安心して我が家のハウスに定住は出来そうにありません。

     三毛ちゃんが諦めてくれることを神様にお願いしたいくらいです。

     でもこんなお願いは神様も聞き届けては下さいませんね。

     寒い日が多くなりますので、心配なじじとばばです。







     

     

にゃんこハウス! [にゃん]


     
     にゃんこハウス一応完成!

    正面

    IMG_2221.jpg


     中はこんな感じ


     IMG_2212.jpg


     戸を立てると、出入り口は左手と右手から

    IMG_2211.jpg


     

    IMG_2215.jpg

     左手は内側と外側で出入りが出来ます。



    そして、朝日が当たる頃にちいさいちゃんが眠っていました。    

    IMG_2054.jpg


     この3日ほどは、夕ご飯が済んで一旦出かけて夜になると

    やって来て寝床へ潜り込んで夜中頃まで眠っています。

    日中は遠出をしているようで、ご飯も食べにはやって来ません。

    数日周期で日中型、夜型と行動が変化しているようです。


    おおきいちゃんが良く座っている場所も

    IMG_2208.jpg


     雨風を避ける工夫をしてみました。

    左手の古い植木台を通り抜けられるようにして中から見通しを良くしました。

    果たしておおきいちゃんは気に入ってくれるでしょうか……



    昨日はほぼ一日雨でした。

    小降りの時にはハウスで眠っていたちいさいちゃんは雨音が激しくなると

    何処かへ出かけて行ってしまいました。
    

    ハウス全体にビニールハウス用のビニールで覆い隙間からの雨風も防ぎ

    デッキも日除けタープとビニールシートで広く雨除けをしています。

    ハウスにいれば決して雨に濡れることはありません。


    それでも雨の時の避難場所?へ行ってしまうようです。

    出て行く後ろ姿にがっかりしてしまいました。

    この冬はハウスが温かいと学習して欲しいものです。

    


    

異変が…… [にゃん]




    キャンプへ行っている間に何か異変が起こったようです。


    日中、にゃんのご飯はドライをデッキに置いて減っていたら足して

    顔を合わせたときには缶詰とおなかにやさしい牛乳をあげてと

    娘に頼んで出かけましたが、娘も自室に居ることが多く

    一度も顔を合わせる事は無かったのです。


    IMG_1877.jpg


     おおきいちゃんは口の中か、喉の奥かに何かを抱えてしまったようです。

    口は黒く舌がはみ出して元気がありません。

    食べてはえずきを繰り返し、休憩をしてはまた食べてと辛そうです。

    今日で13日が経ち、何とか普通に食事が出来るようになりました。

    多分、少しは体調が良くなったのではないかと思います。


    外猫さんを病院へ連れて行くのはとっても難しいことです。

    気がかりで家を留守には出来ませんし、捕まえるとなると激しいストレスを

    与えてしまうことは此までの処置で充分に想像がつきます。

    こちらとしては、のどごしの良いスープ状のパウチを食べて貰うことしか

    出来ないでいました。

    そして神様に、大輔に一日も早く良くなりますようにと祈るばかりでした。


    IMG_1869.jpg


     ちいさいちゃんにも変化がありました。

    以前よりも頻繁にやって来ますし、夜になるとご飯が欲しいわけでもないのに

    家の中が見えるデッキで私と目を合わせたり、寝そべったり

    目をつぶったりしながらゆったりと時を過ごすのです。

    時折、段ボールの寝床で一眠りしているようですが

    秋になってお休み処が恋しくなったのでしょうか。

    それとも、時折訪れるグレコが気になって番をしているつもりでしょうか……