So-net無料ブログ作成
愛しき想い ブログトップ
前の10件 | -

想いを伝えたい [愛しき想い]





    冬の夜長にご覧頂きたく、我が家の次男坊を綴った「ひなたぼっこ」を

    ご紹介させて頂きます。

    いつもは現在進行形の「にゃんのきもち」ばかりご紹介しておりますが

    初めに「ひなたぼっこ」を作った想いをご紹介致します。



      hyoushi-いのち.jpg


    この表紙がホームページの原型です。


        
    次男坊の大輔が突然旅立ってしまって

    家族である証を残したくて10年前に独力でホームページを

    作りました。


    ゆえあって、Macで開いていたホープページは見られなくなり

    セカンドブログの「ひなたぼっこ」に移し替えました。

    すでにご覧下さいました方々もおられますが

    大切な命を物のように扱い、人の心を失ってしまった方々にも

    見て頂きたいと思いメインブログにてご紹介致します。



    大輔を綴りましたものは、ブログ読みでは無く

    初めのページから下へ本のページを繰るようにお進み下さい。

    読みずらいかと思いますが、それは想いの順番なのです。

    
    「愛しき想い」

    inochi表紙.jpg





    本来は「愛しき想い」からそれぞれのページへ飛べたのですが

    ブログではそれが出来ずにおります。

    「愛しき想い」を読まれましたならば、「また逢える日まで」へと

    読み進んで頂きまして「ぬくもり」「いのち」と進んで下さいませ。


  
    それぞれに、ブログ仕立てにしましたときに新たなプロローグを

    作りましたが、それぞれの始まりをご紹介致します。



    「また逢える日まで」

    mataaeru-b1.jpg


    「いのち」


      inochi-1.jpg


    「ぬくもり」


    nukumori-16.jpg





     その他にも「わんのきもち」も同じように下へ読み進むように

     作っております。


      わんのきもち表紙-4.jpg



      わんのきもち1.jpg



      我が家の3代にわたる家族達を綴っています。

      
      どれも長いページ構成になっております。

      10年前の私の技術とフォトショップで作りました。

      そして、それを元にブログへ写すことで、さして進歩をしていない

      技術で文字化けもあり読みづらいところもございますが

      何卒ご容赦下さいませ。

      お時間のあるときに少しずつ読み進めて頂けると嬉しいです。

      

      「ひなたぼっこ」右のサイドバー "マイカテゴリー"から

      お入り下さい。



      


       


     
       

めぐちゃんへの思い [愛しき想い]





    私がめぐちゃんへの思いを強くしているのには理由があります。


    私が生後間もなくの頃、子猫との写真から始まり物心着いた頃には

    我が家には犬がおり、結婚をしても実家にいる間はずっと犬と共に

    暮らしていました。

    その後下の子供が幼稚園の年少さんの頃に保護をした子犬を

    家族に迎えてから三代のわんを家族として暮らしてきました。


   「ひなたぼっこ」の"わんのきもち"は今でも我が家の家族である3わんのことを

    綴りたくて2013年の初夏から書き初めたものです。

    私の強いわんへの思いをお聞き下さいませ。


    わんのきもち表紙.jpg


    


   ゴールデンレトリバーの"めぐちゃん "
 
 
     既にご存じの方もおありかとも思いますが 
 
    Facebookで何度か記事を読んで めぐちゃんの幸せを壊さないでと
 
     切実に思ってきました。 
 
 
     そしてこのブログへお越し下さっている「たこさん」のFacebookの記事で
 
     現在のめぐちゃんの家族を救うための嘆願書の期日が迫っている事を知り
 
     少しでも多くの方に知って頂き、出来れば嘆願書に署名をして頂きたいと
 
     思いまして記事に致しました。
 
 
 
     私も初代ゴンを家族に迎えた頃はとても安易に考えていたと思います。
 
     ゴン、タロー、大輔と暮らしていく内に沢山の事を教えられ
 
    共に学び成長して、今日があることをとても感謝をしております。
 
 
    世の中には動物の命を預かる事を、許してはいけない人がいます。
 
     既に罰せられていなければいけない人が、更に身勝手な行いを
 
    現在のめぐちゃんのご家族に突きつけています。
 
     めぐちゃんは今やっと幸せになって笑顔の毎日を送っています。
 
 
     ゴールデンレトリバーは穏やかで気立ての良い優しい性格の
 
     犬種です。 
 
     このまま本来のゴールデンレトリバーの生き方をさせてあげたい
 
     そして心温かい現在のご家族を護ってあげて頂きたいと切に願っております。
 
 
     どうか心を動かして下さいませ。
 
     少しの手間に時間を裂いて下さいませ。
 
     どうぞ嘆願書に署名をお願い致します。



    めぐちゃんの、これまでの詳細と嘆願書のPDFのURLです。

    たこさんがお知らせ下さいました。

    http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-1007.html 

      
     

     よろしくお願いいたします。

     多くの署名が集まりますように 





 
      

大輔の生まれ変わった日 [愛しき想い]





     daisuke_akemi.jpg


      あの日から、もう10年の歳月が過ぎてしまいました。

     母さんは、おばあちゃんになってしまいましたよ。

     

     P1010483.jpg


      あなたへの道のりも短くなって来ました。

     待っていてくれていますか……


     


     

     
     

息吹…… [愛しき想い]




    仕事の合間に……

    そう思って大輔の子供の頃の写真をひもとくと

    当時が鮮明に浮かびます。

    
    041.jpg


     家族になったばかりの頃(生後5ヶ月)

    覇気が無く歩くこともなく一日が過ぎていました。


    ご飯を食べないせいかトイレも少しだけ……


    063.jpg


     お庭に出すと座り込んだまま……

    
    065.jpg


     雨の日も座り込んだまま……


    054.jpg


     捨てられた子のような情けない顔をして見つめ返すばかり……


    069.jpg


     トイレタイムには自分からお庭に出ると意思表示が出来るようになり

     しっかりと歩くようになった矢先に、先天性の疾患が発覚して

    更なる不安な日々が始まりました。


    治療にも打つ手は無く、愛情だけが頼りの生活の中で

    それでも体が大きくなり、しっかりと成長を始めたことで

    微かな希望を感じて家族の愛情は大きく大きく膨らみました。


    01.jpg


     生後8ヶ月を過ぎた頃には初めてのキャンプに出かけました。

    蝶々が珍しくて追いかけたり


    名称未設定 7.jpg


     サッカーボールを咥えて走り回ったり


    020.jpg


     父さんとボール投げをしたりと元気に遊びました。
    
    初めての雷と夕立にはとても驚いてビクビクでした。


    この時にはまだ大切な命を守り切れるかどうか

    まったく見えませんでした。

    無表情な大輔の瞳が輝いて表情が見えるようになったことが

    励みとなりました。

    
    10年の間、大輔は頑張りました。

    家族も頑張りました。

    たくさんの思い出が溢れるばかりに出来たことが

    大輔からの何よりの贈り物です。


    お空の住人になって10年になります。

    10年前から写真は増えなくなりましたが

    こうして古いフィルム写真をパソコンで見られることに

    変わらずに家族であることを強く感じます。

    
  

  「ひなたぼっこ」 大輔を綴りました。
    
    







    

お空で…… [愛しき想い]



    
     P1000610.jpg


      2年ぶりにメルちゃんのお母さんに会いました。

     メルちゃんはお元気!と伺ったところ、2年前に虹の橋を渡って

     しまったと……

     黒ラブちゃんは特に元気のよい子が多いのですが

     メル君は子供の時から、きちっと躾けられた賢く可愛いい紳士でした。

     道で会うといつも尻尾を振って満面の笑みですりすりをしてくれました。


     P1000618.jpg

 
      大輔(左)メル君(右)ススちゃん(後)

      公園で出会う楽しいお友達でした。

     お姉さんのススちゃんより先に10歳の大輔が逝って

     17歳の長生きススちゃんも逝って

     とうとう11歳のメル君も逝ってしまいました。

     大輔を覚えてくれているお友達は残り少なくなりました。

     とても寂しいのですが、お空ではみんなで大運動会ですね。

     
     お友達のみんな 大輔をよろしく!


     


     おまけ

     14.jpg


      P1000684_1.jpg

 
      我が家の愛息です。


      
     

    

     

1月14日 [愛しき想い]

 



    だい 23.jpg


             大輔が生まれ変わった日

                2005年1月14日




        _U6Z9990.jpg


      新しい出発を哀しむことでしか送り出せなかったあの日から

       9年の歳月が流れました。

       

       病弱な大輔が我が家の家族であった事を残したい一心で

               ひなたぼっこを綴りました。

       哀しみが笑顔になって、お空の住人のはずの大輔が

       「何時も傍にいてくれる」そう感じる日々が日常になって

       今では、かあさんの方が大輔に近づいています。



       
       IMG_00690.jpg

      
       お空のお友達のお母さんから、今年も素敵な花かごが届きました。

       大輔を覚えていて下さる嬉しさに胸が熱くなります。

       大輔と香を聞きながら、お花畑を散策している夢を見ましょう。



               秋色紫陽花にトルコキキョウ…かあさんの大好きなお花ばかりです。

       だいちゃんが、おばちゃまの耳元で囁いたのではないでしょうね!

       もしかして、もしかして……

       

       

       

ありがとう! [愛しき想い]



   
     679.jpg

      名前は「ガンプ」

     15歳と10日。

     大輔のもとへ旅立ちました。


     676.jpg


      678.jpg

      ガンプは甥の家族です。

     生後45日頃に甥の仕事の都合で一時我が家で暮らしました。

     弾丸のような元気いっぱいのガンプに大輔は逃げ惑う日々でした。

     でもガンプは大輔が大好きでした。


     682.jpg
                                         戸隠にて

      ガンプが久しぶりに数週間の予定で我が家へやって来ました。

     この時のお預かりは、小さな家族が入院してお父さんもお母さんも

     手が回らなくなったのです。

     
     

     ガンプは感情豊かな大人になっていました。

     我が家へ来たことはとても嬉しそうでしたが、家族から離れたせいで

     少し元気がありませんでした。

     お散歩途中で乳母車を押すお母さんの姿を遠目に見て走り出し

     お母さんじゃないと気づくといっそう元気なく淋しそうでした。



     ガンプの愛らしい瞳には温かな愛情が溢れていました。
  
     見つめられると抱きしめずにはいられない思いが溢れました。
   
     そんな時、大輔の気配がしたものです。

     もしかして焼き餅を焼いていたのかも知れません。

     でも大輔かあさんは二人に囲まれて嬉しくて仕方ありませんでした。


     ガンプ!これからは大輔兄さんと一緒です。

     仲良く楽しくお空を駆け回って下さい。

     ガンプに会えてとても幸せでした。

     ありがとう!
     

     
     

     
         

再び…… [愛しき想い]



     1998年、色あせたフィルム写真です。

     これでも少々色補正をしました。

     大輔 3歳。


     Scan10011.jpg


      今も変わらずにベンチはあります。


      IMG_公園3.jpg


      そして再び

     じぃ〜じと、ばぁ〜ばの公園デビューです。

     IMG_公園4.jpg


      IMG_公園2.jpg


      多分、大輔も私の傍らを歩いていることでしょう。








      

最終章 ぬくもり [愛しき想い]

      

      だい.jpg

      "ひなたぼっこ" に最終章 "ぬくもり" の引っ越しが

     完了いたしました。

     お時間をお作り頂いて起こし下さいませ。

     お待ち致しております。



     (サイドのリンク集からいつでもお立ち寄り頂けます。)






     

雪です☃ [愛しき想い]


 
      IMG_0118.jpg


     降りしきる中

     大きな花かごが届きました。

     IMG_0124.jpg


     毎年、この日に届きます。

     今年で8回目になりました。


     IMG_01111.jpg


     今でも変わらずに大輔を思い出して下さって

     心の籠もった素敵なお花を届けて下さるのです。

     

     今日は、大輔が神様の国へと生まれ変わった記念の日です。

     毎日、朝とおやすみ前に、掛ける言葉は言い尽くしています。

     今日も同じ言葉になりますが、とても胸が詰まります。

     今日は記念日だから、泣いてもいいかなと思えるからでしょう。

     
     朝からカボチャとサツマイモとブロッコリーをふかしています。

     好物?だったのか聞いていませんが、手作りごはんの定番でした。

     お野菜中心の食事でハーブのサプリメントを振り込んで

     モリモリ食べて、とても元気にしていました。


     それでも生まれ変わる日は必ずやって来ました。

     そして私にも"その日"はやって来ます。

     でも、その日は大輔に「逢える日」に変わります。

     私の道の先に、大輔に逢える楽しみと幸せが待っています。

            





前の10件 | - 愛しき想い ブログトップ