So-net無料ブログ作成

にゃんハウス解体でございます。 [絵日記]




    ちいさいちゃんの行動が春向きになりました。

    そこで田舎のバス停風ハウスは解体です。

    IMG_2914.jpg


      でも一応段ボールベッドは置いてみたところ

    IMG_2938.jpg


      やっぱり寝ておりました。


    そこで暑くなったこともあり

    IMG_2923.jpg


     こんなことやら、あんあんことやらの末に


    IMG_2977.jpg


      植木台を組み合わせて、ただ今はこんな感じのベッドになりました。

    
    そしてお家からお庭に住処を替えた観葉植物さん達は

    IMG_2980.jpg


     IMG_2920.jpg


     IMG_2915.jpg


     強い陽射しを避けるために、それぞれが半日陰の場所に

    取りあえず落ち着きました。

    大移動ですから、お家の中もお庭もおお片付けでてんやわんやです。


    いよいよガーデニングの季節が到来です。

    そして、紫外線対策も本格的に始動です。

    既に顔と首がヒリヒリと感じ始めています。

    風の強い日に、杖を突いて日傘は難しいので

    今日は銀行の帰りに、つば広の麻の帽子を新調しました。

    嬉し楽し煩わしい歳月の始まりです。


    おまけ……

    お洒落な羊さんです。

    IMG_2955.jpg


      そらまめさん、我が家のにゃんは着て貰えませんので

    可愛い羊さんになってもらいました。

    

    


    

天使の像 [絵日記]




     3年前「里親会」の保護犬の中にジュニア君という黒いポメラニアンが

     いました。

     シェルターから里親会に来たときには、お手伝いをしていた私は 

     よく胸に抱いていました。

     そのせいで思いは強く突然の旅立ちに涙しました。

     長い間里親さんに恵まれずおじいちゃんではあったようですが

     震える身体を抱きしめて「大丈夫!大好き!」と囁いていた事を

     今でも思い出します。

     その思いを託して送った祈りのお人形がありました。


     IMG_2944.jpg


      IMG_2945.jpg
                          ずっと愛してる -母の愛-


      私はお母さんにはなってあげられませんでした。

     その思いを込めて "天使の像" を届けました。



     そして今、我が家のわん達へ思いを形にしたくて

     やっと天使達を手に入れました。

     以前のところでは手に入れることが出来なくなっていて

     ずっと探していました。(アイアンバロンにて)


     
     IMG_2948.jpg


      IMG_2951.jpg
                            慈しみ -永遠の愛-


      ずっと愛してるは大輔へ、慈しみの小箱はゴンとタローへ

      写真と一緒に飾かざりました。


      あちら側もこちら側も想いは一緒です。慕う心も一緒です。

      繋がっていることは分かっています。

      それでも何か "形にしたかった" なのです。




                       

                
     

20度超えました。 [絵日記]




    窓はすべて全開です。

    暖かさに体中の力が抜けて身も心も伸び伸びです。


    _U6Z0619.jpg


     ビオラも甘い香りを漂わせて笑顔がいっぱいです。


    _U6Z0609.jpg


      葉陰から、わらわらとこぼれんばかりに溢れ出た花達が眩しそう。


    _U6Z0616.jpg


     スイートバイオレットのピンクに押されながらも


    _U6Z0613.jpg


     イエローも姿を見せてくれました。


    _U6Z0620.jpg


     大きくなったパンジーは二鉢に分けて一段と賑やかになりました。


    _U6Z0627.jpg


      雪柳も元気になって、今年は枝いっぱいに花をつけています。


    緑の小さな蕾だったはずですが、一気に開花を始めました。

    _U6Z0607.jpg


     気づかない内に葉に隠れた蕾が色づき

    気づけば

    _U6Z0629.jpg


     
     _U6Z0599.jpg


     美しい斑入りの花を咲かせています。

    背丈1mほどのスタンダード仕立ての椿です。

    葉の下に靜に花を付ける奥ゆかしい花です。

    今年も美しく咲いてくれました。


    お庭いっぱいに幸せがこぼれ落ちています。

    







内藤 了 [お知らせ]




    いよいよです。

    第二弾は "CUT" 


    IMG_2907.jpg


   
    100ページ増えて更に面白い!

    物語に引き込まれ、先へ先へと読み進んでしまう。

    読み終わると、第三弾が待ち遠しいと

    いてもたってもいられない心持ちになる。


    読んだ人にしか分からない面白さを

    あなたも是非お試し下さい!

    




    

お戻りです。 [絵日記]




    24日ぶりにおねえちゃまとK君が、広島のひいおばあちゃまの

    お家から帰ってきました。

    広島にはひいおばあちゃんが2人と、ひいおじいちゃま1人

    そして、じぃじとばぁばも暮らしています。

    幼稚園が始まると今までのように度々会いには行かれなくなります。

    一段と成長した夏休みまでお預けです。

    み〜んな元気で待っていて下さることでしょう。




    ただいま凝っている遊びはアクアビーズです。

    アナと雪の女王セットですでにたくさん作って

    ビーズが無くなってしまっていたので、おねえちゃまが居ない間に

    じぃ〜じが注文して待っていました。

    IMG_2879.jpg


     おねえちゃまは大喜びで、沢山のビーズを前にして

    早々にじぃ〜じとビーズ屋さんごっこをはじめて

    IMG_2883.jpg


     混ぜないお約束でカップや小鉢にスプーンで計って移しては

    楽しそうに遊びました。

   
    IMG_2875.jpg


     それでもお手本シートを眺めては

    IMG_2871.jpg


     おひめさまを作ろうか悩んでおりましたが


    IMG_2888.jpg


     手の平に乗るくらいの小さな猫さんを作りました。

    上のクマさんとウサギさんは、幼稚園のバッグに下げてはと思い

    おねえちゃまが留守の間にばぁ〜ばが作ってみました。


    アクアビーズは下絵の通りにビーズを置いて、霧吹きで水を掛けて

    乾くと出来上がります。

    おねえちゃまは、それが楽しくて次々と作るのですが

    そばで手伝っている大人の方も結構楽しめる遊びです。

    子供は移り気で飽きやすいですから、いつまで続くでしょうか……




    

入園準備 [絵日記]



    
    そろそろ入園準備をしなければ……

    そう思いつつ、里帰りから戻ってくる日にちが迫って

    やっと縫い上げました。


    まずは手提げバッグ

    IMG_2825.jpg


    二重仕立てで厚みのある仕立て上がりです。


    巾着2種

    IMG_2833.jpg


     右は麻混の張りのある布で上履き入れを作りました。

    左はダブルガーゼでコップ入れを作りました。


    ハンカチは悩みましたが、ダブルガーゼ2重で作ってみました。

    気に入って使ってもられるかどうかは分かりませんが……

    IMG_2841.jpg


     これだけでは心もとないので、タオルの名入りハンカチも注文しました。


    その他にも、お弁当入れやナフキンも作るようなので布は色々と

    取り揃えて待ち構えております。

    名入れは刺繍が良いか名前ペンで書く方が良いかかあちゃまと相談中です。

    
    本日は幼稚園の保護者会でクラス発表もあったようです。

    クラスカラーを付けたりとまだまだばぁばぁのお手伝いは続きます……











花とめだか [絵日記]




    その後の椿


    見事な咲きっぷりです!

      _U6Z0574.jpg


     この花は3番目に咲いた花です。

    10Cmほどの大きさに開きました。


    2番目の花は傷んだ状態で開花してすぐに散りましたので

    嬉しい笑顔です。

    _U6Z0577.jpg 

    
    _U6Z0588.jpg


    今は3輪ほど咲いていますが


   _U6Z0557.jpg


    まだまだ咲き続きます。

   
        クリスマスローズは小さな蕾を残して

   _U6Z0591.jpg


    _U6Z0545.jpg

   今年は咲きそろったようです。



   そして、めだかおやじさん担当のこちらの方々も

   冬囲いを外して元気な姿を現しました。

  IMG_2857.jpg

      金魚さんは三匹ともお元気で、大きくおなりです。


   IMG_2848.jpg

  白めだかさんの子供達も成長していました。

   数匹の黒めだかさんもお元気でした。


      IMG_2853.jpg


   一番臆病な緋めだかさんも元気ですが、曇りのせいか隠れている子が

  ほとんどで、姿を捉えることは出来ません。



  今日はまた涼しめで雨模様です。

  こんな日はまた足の痛みも増すのでしょう。

  明日は暖かくな〜れ!

  




    

日々思う…… [にゃん]




    IMG_2789.jpg


     こんなふうに心地よく眠れるハウスでしたが

    がたいのいい新参者のノラさんの連夜の押し込みに

    またもや、ご飯以外は帰ってこなくなりました。


    入念なお掃除をして臭いを飛ばして

    帰りを待ってました。

    数日後、眠くて目をしばしばさせながらやっと帰って来ましたが

    _U6Z0522.jpg


     夜は押し込みを警戒して明るい昼間にお昼寝をしています。

    IMG_2819.jpg


     一段高くした寝床は、居間から見えるので

    時々目が合います。

    _U6Z0524.jpg


     _U6Z0525.jpg


     そして、お腹が空いてるときには降りてきてご飯をねだります。

    IMG_2813.jpg


     こんな手を見ていると触りたい衝動に駆られますが

    ガラス越しですから叶うはずも無く、触られでもしたら飛び上がって

    逃げて行くことでしょう。




    グレコですが、心配していましたがやっと1週間経って

    ご飯を食べにやって来ました。

    少し細くなったようで、ご飯をもらえているのか心配です。

    IMG_2788.jpg

     辺りを警戒してビクビクして、落ち着き無くご飯を食べていました。

    次の日もやって来ましたが、新参者のノラさんに追いかけられて

    それからは来なくなりました。

    どうしているのかと気がかりですが、先住のちいさいちゃんにさえ

    ケンカをふっかけて来るのですから、グレコにとってはきっと恐ろしい

    存在なのではないかと心配しています。


    おおきいちゃんも最近は何故かオドオドとして、こちらの動きに警戒も

    甚だしくご飯の途中で飛んで帰ってしまうようになりました。

    おおきいちゃんの身にも何かが起こっているようです。

    ノラさんの世界は過酷ですね。心の安まる時がないようです。

    我が家のハウスで余生を送って欲しいと願っていますが

    入れ替わり立ち替わり、やって来る新参者かき回されて

    安住の地にはなってあげられず気の毒で仕方ありません。

    為す術も無く、ただ見守るだけの日々は辛く切なく

    心に溜まって行きます。
 
    

    

    

風に想う…… [風の便り]




    風の音に戸袋の雨戸がガタガタと鳴り

    黒雲が湧き起こるように心の中に広がり

    脈打つ音が不安を掻き立てて

    一層心をざわめかせ落ち着きを無くしてゆく


    荒々しく巻き上げる風は唸り声をあげながら

    幾重にも花達に挑みかかり容赦なく叩きつけ

    起き上がれないほどに痛めつける

    外の様相を想像しては 私の心の均衡は失せてゆく



    IMG_0139.jpg



    どうと言う事も無く通りすぎることでも

    人にはストレスとなって残ってしまう事がある。

    人それぞれ定義が違い心の開き加減も違っている。

    何事も楽観視する人もいれば、自分を追い込んで行く人もいる。

    若い頃の私は多分、追い込んでいくタイプであったと思う。

    
    日常の生活、子育て、人との交わり、総てに発生し

    ストレスがどんどん溜まっていくと、それすらも感じなくなる。

    あるとき、原因も分からない病と診断され

    治療に苦慮する医師の困惑した顔に出会い

    想像を絶する不安に苛まれて、初めて我に返ったことがある。


    原因が分からなければ、完治も無く

    痛みなればそれを抑える薬を、訳の分からない発作ならば取りあえず

    発作を抑える薬をと、副作用が強かろうが服用しなければ改善は図れない。

    その挙げ句、色々な症状が起き後々影響を残したとしても

    仕方が無いと思わざるを得ない。


    そして、ストレスは免疫力も低下させて更なる病の引き金にもなり

    新たなストレスとなって残って行く事になる。

    生まれ持った性格が災いもし、不器用さが拍車を掛けるなか

    漠然とではあるが我が身を守ろうと策略を巡らし

    再びストレスを溜め込んでしまう。


    悩みやストレスの無い人間など居るはずも無く

    どう消化していくか、溜め込まない技術が必要になる。

    小学生の頃からすでに60年、ストレスの原因となった事を

    思い返せるという、何とも情けない事ではあるが

    残された時のために今一度、整理をしようと思っている。


    50代半ばに大きな山場を迎えて肝が据わったのだろうか

    身体を吹き抜ける風に一掃されたように感じて今日があるのだが

    根底にあるストレス発生装置とは一心同体の様であり

    克服は困難であると感じている。

    ただ、この10年で少しは改善されたのではとも思う。


    副作用が強い事を承知で、この薬しか無いと過去に服用した薬が

    今の不自由さと、痛みの誘発に影響していると知り

    この事実を新たなストレスにしたくないと挑んではいるが

    心と体の置き所が見つからない日々が情けなくも

    ひたすら5種類の薬を飲み続けるしか策は見つかっていない。


    暖かくなれば治まるところもあるのではと

    春の足音を拾おうと庭を眺めつつ

    年寄りの多くなったこの世に笑顔が消えてはならないと

    心躍る幸せの欠片を見つけたいと想っています。

    こちらへ向かっている春の風は、きっと沢山の笑顔を運んで来る事でしょう。

    
    
    

    

    

遠方より [絵日記]




    友、遠方より来たり……

    お土産を携えて

    IMG_2804.jpg


     
     2年生の大学を卒業されるお嬢さまが選んでくださった桜くず湯と

    とっても美味しいお茶に"ON"でお馴染みの八幡屋礒五郎「七味唐辛子」

    を頂きました。


    小学1年生の時に出会って、いつの間にか二十歳になりました。

    シャイで小さかった女の子は立派な女性になりましたが

    目に映る笑顔は今でも変わらずに可愛い女の子です。


    お祝いにと選んだお財布が、彼女の小学生の時のランドセルと同じ

    土屋鞄のものだったと聞いて、偶然の驚きと選んで良かったとの思いで

    とても嬉しく心がほっこりしています。


    同じ東京の空の下で、近くに感じていましたが

    明日には迎えに来られたご両親と共に、ふる里へ帰ってしまいます。

    とても寂しく感じますが、新しい世界へ旅立つ彼女にエールを贈ります。




    "ON" 第二弾 3月25日発売!

           1話も増刷となり同時発売です。

           是非とも書店、Amazonにてよろしくお願い致します m(__)m